葉酸サプリの【過剰摂取は危険?】規定量を守ることの大切さ!

葉酸サプリを試してみようと思っていても、なかにはリスクのあるような添加物が入っていないかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。

特に妊娠中は身体に取り入れるもの=胎児に届く栄養素になるので、食べるものには制限もあります。

そのようなことも含め、葉酸サプリは本当に安心できるのか?心配している人のために、説明していきたいと思います。

 

葉酸サプリは危険それとも安全?

葉酸サプリに危険性があると言われるのはいくつか理由があります。

例えば「過剰摂取」が起きやすく葉酸のとりすぎになってしまうようなリスクがあります。

その点において、サプリメントは手軽に摂取できるため、適量以上に摂り過ぎてしまう人もなかにはいるかもしれません。

ありがちなこととしては、前日葉酸サプリを飲み忘れたからと翌日に2日分を摂取する必要はありません。

アメリカン栄養研究のデータベースによると、葉酸を過剰に摂りすぎてしまうと副作用の割合を高めてしまうといわれています。

規定の量を摂っているだけであれば問題ないのですが、つい飲みすぎてしまいそれに伴うリスクを心配されている人もいるようです。

他にもサプリメントのなかに含まれている複数の成分による相互性を心配する人もいます。

また添加物によるアレルギーの人もいます。

葉酸サプリにはさまざまな商品がラインナップされているので、まずは添加物の入っていない、つまり無添加成分を選ぶようにしましょう。

なかでも厚生労働省の推薦量やGMPが認定しているなどの基準をクリアしている商品がおすすめになります!

 

葉酸サプリは食事で不足しがちな栄養素を補うもの!

葉酸サプリに関わらず、サポート的な役割を果たす食品は基本的な考え方として、日々の食事で補えきれない栄養素を補給する目的があります。

特に葉酸自体は妊活中あるいは妊娠中に摂り入れる成分ですので、余計に心配されてしまう人も多いのだと思います。

一番良いのは食事を充実させることによって、必要な栄養素を摂取することです!

しかし、妊娠初期でつわりが長引いてしまい、思うように食事をすることができないなど、妊娠中に必要な葉酸を食事で補うのは意外と困難です。

妊婦さんの葉酸推奨量は480μgといわれており、体調が安定しないなか料理を作ったり、葉酸を摂らなくちゃ…と考えるのも大変だと思います。

食材で葉酸が多く含まれているのは野菜や枝豆、あさつき、アスパラガス、ブロッコリーなどです。

肉類では鶏や牛のレバーなどに葉酸が多く含まれていますが、逆におなかの赤ちゃんのことを考え過剰摂取になってしまうこともあり注意が必要です。

以上のことから葉酸サプリは摂取量を守れば心配もいりませんし、続けやすいことを考えるとメリットの方が多いはずです。

食事で摂り入れるのが難しい場合は、葉酸サプリで必要な栄養素を効率的に補うようにすることが継続できることにも繋がります。

最近では小さな錠剤のものが多くなってきているので、飲みやすさも追及しているようです。

しっかりと用途を守りながら続けることで、その効果が期待できるのです!

添加物無配合のおすすめ商品はこちら参照:葉酸サプリ 無添加

タイトルとURLをコピーしました